宝物だった漫画。出来る事ならまた新種類放映してほしい

あたいがオススメスポットだった戯画について書こうとおもいます。
戯画の称号は「誇らしげ親子」だ。

2013年辺りの戯画ではありますが、非常に見やすく、品性たちがとても素敵でした。
狸と天狗と人間の京都を種類にした戯画だ。
脚本を書かれているのは本在宅、森見登美彦氏だ。

戯画に登場する品性について書いていきます。
中心人世間は狸です下鴨矢三郎だ。旦那はヤバイ自由な狸で、かつて京都を纏める狸の頭領であったパパ、下鴨総一郎の「面白きことは良き状況なり。」という言葉を胸に、気ままな生活を送っていました。
矢三郎の教員は天狗の如意ヶ嶽薬師坊。仮称赤玉教員だ。
その赤玉教員が一目惚れした、人間の鈴木聡美。彼女は赤玉教員に拐われ天狗の方法を言いつけ込まれます。
そのため天狗よりも天狗らしきとおっしゃるまでになり、今では弁天と名乗り金曜倶楽部と呼ばれる会に参加してある。

この他にも矢三郎の姉妹、母親、許嫁といった狸たちや、天狗や人間がでてきます。
みな両方キャラクターがあり見ていて飽きない戯画だ。

戯画には実際の京都が描かれてあり、五山送り火や南座、四条大橋など綺麗なシーンが見られます。

様々な魅力のある戯画となっています。
あたいはそういう誇らしげ親子が大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です